» 
 » 
怖がらずに好意を伝えよう

好意を伝えることで彼の気持ちを惹きつけることができる!?

人間は自分を好きになってくれる人を好きになる傾向がありますので、好きになった相手には積極的に好意を伝えることでその後の恋を有利に進めていく事ができます。しかし注意していただきたいのは、相手に好意を伝えたからと言って相手は一気に貴方の事が好きになるのではありません。少しずつ時間をかけて好意を伝えることで相手が貴方の事を意識をしていきますので、焦りは禁物です。そして、好意を伝える事で貴方の気持ちのモチベーションも上がり、好きになった相手に対して行動すればするほど相手の事を好きになり、相手も貴方の事を意識していきます。ライバルが居る時にも、好意を伝えられた人と伝えない人とでは好きな相手にとっての感じ方や意識が変わってきますので、伝える勇気を出す事で好きになった相手とお付き合いできる可能性が大きくなります。

彼に好意を伝える時は、言葉以外の方法で伝えるべし

好意を伝える時のポイントは言葉以外の方法で好きという事をアピールする事です。男性は昔から狩りをしてきましたので、狩りが本能で備わっています。相手が逃げれば追いたくなりますが、何もしなくても自分を追ってくれるならば気持ちが冷めてしまったり恋愛対象に見れない特徴があります。言葉に出してしまうと相手にとっては何もしなくても自分を追ってくれる状態になってしまうので、言葉に出さずに好意を伝える事が必要です。具体的な方法は、例えば、目線でさりげなく視線を送り目が合ったら逸らしてみたり、相手と居る時は他の方といる時よりも常に笑顔を心がけたり、女性らしいしぐさやさりげないボディタッチなどで相手に好意があるサインを送る事で、相手は俺の事好きなのかな?と思い貴方の事を意識してくれるようになります。

一度伝えて終わりじゃない!相手の反応によって伝え方を変えよう

人間は、期待が大きい分同じ分量でショックを受けてしまいます。好意を伝えずに相手の事を好きな気持ちのまま長い期間過ごしていると、振られた時に過ごした時間分のショックを受けて立ち直るのに時間がかかってしまいます。そして、男性は女性よりも些細な事に鈍感なところがありますので、貴方は仲良くなっているつもりでも好きな相手にとっては貴方の好意が伝わらず友達止まりになってしまう可能性もあります。しかし早めに好意を伝える事で、相手の反応を早い段階で見る事ができます。そして、反応によって好意の伝え方を変えたり、仮に相手が好意を受け入れなかったとしてもすぐに次の恋にいけるメリットがありますので、恐れずに好意を伝えていきましょう。