» 
 » 
コミュニケーションをとろう!

定期的に連絡することで少しずつ好印象を刷り込むことができる

片思いの相手と両思いになる為には、定期的に連絡をして仲を深める事が必要です。しかし、重たい話題は相手にとって重たい女性と思われてしまう可能性があり、恋愛にいく前に相手に冷めた態度をとられてしまい距離をおかれてしまいますので、LINEやメールの内容は日常に絡んだものにするのが良いです。人間の記憶には曖昧なところがあり、色々な錯覚を起こしやすいです。なので、楽しい話題を含んだ内容のLINEやメールをする事で、貴方の印象が楽しい方として記憶に残り印象が良くなります。そして、共通な部分を持った人に惹かれる性質もありますので、仕事や、趣味等の返信しやすい内容のLINEやメールもお勧めです。

相手に連絡する頻度は?定期的に連絡をとる時の注意点

片思いの相手にLINEやメールをする時は定期的な間隔で、送る頻度は週に1回から3回が目安です。相手からも返信が頻繁にあると脈ありです。そして、仲が深まってきたら、相手の方は連絡を待っている状態になっていますので、頻度を増やしていくのも効果的です。しかし男性の中には、頻繁にやり取りするのを好まない方もいますので、返事が無かったら頻度を減らしたりと相手に合わせる事で、重たいめんどくさい女性では無く、思いやりがある方だと思い今後お付き合いした後も、自分に合わせてくれる人なんだと認識してもらう事ができます。また、送る時間でお勧めなのが、夕方から夜です。人間はムードや気分を大切にする所がありますので、明かりが少なく警戒心が解ける時間帯にLINEやメールをする事で貴方の事を無意識に意識しやすくなる効果もあります。

LINEやメールはオマケ!直接のコミュニケーションが大事

LINEやメールでのやり取りには、気をつけないといけない点もあります。LINEやメールには文章から感情を読み取るので、声に発した時のように抑揚も無く、面と向かっていない為に、表情が伝わりにくい欠点があります。親しくなっている間柄では、相手の事を分かっている場合が多いので、いつもの調子で「そんな事もわからないの?」と冗談で書いても、ニュアンスは相手に伝わりますが、片思いの相手などの貴方の事を良く知らない時に、同じように文章にしてしまうと、相手によっては罵倒されたと勘違いされてしまうこともありますので、文章には注意が必要です。片思いの相手にアピールする時にLINEやメールでのやり取りはあくまでオマケだと意識し、顔を合わせてのコミュニケーションをおろそかにしないことで貴方の事を知ってもらい、いつもの貴方の調子で文章を送っても分かってもらえるくらい親しくなれます。