» 
 » 
連絡先を聞くことが第一歩

連絡先を聞くことで、ようやく本格的なアプローチが始まる

一目惚れをした相手や、話した事のない職場の先輩などを好きになった時に、連絡先を聞くのは恥ずかしいからと、好きになった相手への思いを抱きながら見つめているだけで満足だと自分に言い聞かせて諦めていませんか?しかし、諦めるのはまだ早いです。連絡先を聞く事ができたら、現実的にアプローチをかけていく事ができて進展が期待できます。また、今の時代は、携帯やスマホが主流になり、以前のように固定電話で家族を通して繋いでもらうこともせずに、好きになった相手と直接連絡を取る事ができます。直接連絡を取る事で、相手のプライベートに貴方の存在が入る事ができ、二人だけの連絡手段によって、周りの方に知られる事なくアプローチできますので、恋人になれる可能性が生まれます。

ポイントは軽く聞くこと!連絡先を交換する時の注意点

連絡先を聞く方法としては、もちろん電話番号を聞けたら良いのですが、なかなか勇気が出ないという時には、今はメールやLINEがありますので、「相談したい事があるからメールやLINE教えてもらえる?」と言ってさりげなく聞く事ができます。また、会話の流れから冗談まじりに「今度ラーメンの写メ送るね」などと話題を振り連絡先を聞く事もできます。注意していただきたいのは、友達に又聞きをしたり、勝手にSNSで調べる事はお勧めしません。連絡先は好きになった相手の個人情報です。直接聞かずに調べるという行為は、最初の段階の印象が悪くなり、相手に壁を作られてしまいます。連絡先を直接聞く事で、貴方の誠意が伝わり、よほど鈍感な男性でない限りは、女性から連絡先を聞かれた事に対して貴方の事を意識します。

聞いてみたけど脈なしそうなら次に行ってしまうのもあり!?

「好きな人と仲良くなりたい」この気持ちが少しでもあるならば、連絡先を聞く事をお勧めします。連絡先を聞くのは、あからさますぎると思うかも知れませんが、理由さえあれば、案外好きになった相手もあっさりと連絡先を教えてくれます。理由があるのに、そこで連絡先を教えてくれないような相手ならば、好きになった相手は、よほど連絡先を教えたくない方なので、気持ちが無いんだと分かりすっぱりと諦めて次に進む事を考える事ができます。そして、連絡先を教えてもらったら、相談から話題を広げて共通の趣味を見つけたり、友達として少しずつアピールする事もできますし、お付き合いに発展する可能性が広がっていきます。大事なのは、連絡先を聞くという最初の大きな一歩を踏み出す勇気を持つ事で、恋愛が成就しやすくなります。