» 
 » 
千里の恋路も一歩から

単純接触効果で気になる彼に簡単に好意を抱いてもらう方法とは…

単純接触効果とはご存知ですか?単純接触効果とは認知心理学の一つです。人間は何かしらの対象物と何度も接する事で、警戒心が薄れ、好感度が増していくと言われています。そして恋愛においても顔を合わせる頻度が高いほど好意を抱きやすくなるという効果があります。例えば、ビジネスシーンにおいて職場の上司とは毎日会う機会があります。入社当初は恋愛感情がなかったはずなのに一緒に仕事をする機会が多くなると、いつの間にか相手の事が気になり社内恋愛に発展するケースは多々起こります。しかし単純接触効果のみで恋愛をしてしまうと、お付き合いした後の相手は全然違うと気づき失敗する事がありますので、相手の一面だけを見ず、「この人はどんな人なのだろう?」と相手の事を知ってからお付き合いする事をお勧めします。

短時間、何度も会うほうが単純接触効果が見込める

好きになった相手に単純接触効果を使う場合は、一度に長時間会うよりも一日に何回も顔を合わせたほうが効果は高いです。例えば、告白の前に2人でデートできる機会ができた時には、好きな相手と長時間一緒に居たいと思いますよね?しかし一緒に居たいからからとドライブがてら車で遠方までいくよりも、短時間の食事やお茶などに何度もいく方が相手に好感度を与えることができます。そして、短時間で相手にアピールし楽しい時間を過ごす事で、相手の記憶に楽しかった思い出が残り、次も会いたいと思ってもらえる可能性があります。いつの間にか貴方が相手を好きの度合いが高かったはずなのに、相手の方からお誘いがあったりと立場が逆転している事もあります。

イメージが悪いと会う度、悪印象が強くなることも…

恋愛において単純接触効果を使う事は、とても効果的です。しかし、一つだけ注意点があります。それは、第一印象が悪かった場合、単純接触効果で会えば会うほど印象が悪くなることがあります。例えば、初対面で第一印象が悪かった相手と次回会った時に、嫌悪感からあら探しばかりしてしまった経験はありませんか?人間は嫌いだと思うと悪い所ばかりを見てしまう傾向があります。最悪の場合、嫌悪感を持った相手とは会いたくなくなりますので、距離を縮める事が難しくなってしまいます。単純接触効果を効果的に使う為にも、普段から女性らしくいる事を心がけ、身だしなみや、言葉遣いに気をつけて第一印象を良くしておく事が必要です。また、相手の気持ちを考えて話題を振ったり、笑顔で居る事も男性には心地よく感じてもらえますので、意識するとその後の2人の関係性が変わっていきます。