» 
 » 
自分の心を開くことから始めよう

自己開示で心の距離を縮めよう!まずはあなたが心を開くことから

初対面の人や、あまり親しくない人に自分の悩みや弱みを見せるのは勇気が要りますよね?しかし、人間は誰しも悩みや弱みを持っています。悩み事などを打ち明けられると、心を開かれたと感じて、警戒心を緩めてくれる可能性があります。これを自己開示の法則と言います。弱みを見せると「嫌われてしまうんじゃなか?」「足を引っ張られるんじゃないか?」と不安になるかと思いますが、自分を良く見せて秘密主義になり隠そうとすればするほど相手には隠そうとしているのが伝わり警戒心を持たれてしまいます。恋愛においても警戒した関係ではお互いに心を開く事ができず信頼関係を築いていくことは難しいです。いきなり自己開示をするのは難しいと思いますので、少しずつ好きになった相手に自己開示を意識してみると今よりも相手との距離を縮める事ができる可能性があります。

秘密が2人の絆を強くする?自己開示は内緒話で!

恋愛に自己開示を使用する際に効果的なのは、誰にも言っていないことを”その人だけ”に打ち明けて特別感を持たせる事です。誰にも言っていないことを打ち明けることは秘密の共有になります。秘密の共有をする事で、おたがいに信頼関係が生まれ恋愛がうまくいく可能性が高まります。好きな相手には「良く思われたい」という思いから自分を良く見せたいと思うのは誰しもあると思いますが、あえて自分の秘密や弱みを話してみることで男性にとっては「自分は頼られている」と感じさせ男性のプライドを立てることも可能です。交際が長くなり結婚を意識した際にも有効で、秘密の共有は信頼関係にも結びつきますので、結婚によって困難や問題が訪れたときもお互いの心の内を話して2人で乗り越える事ができるようになります。

いきなり全てを打ち明けるのは重すぎる…段階を踏んでいこう

恋愛において自己開示することは、お互いの信頼関係も深まり有効ですが、注意点が2つがあります。1つ目は、知り合ってからある程度親密な関係にならないと効果はない事です。知り合った当日にいきなり悩みや弱みなどのマイナスな事を話してしまうと第一印象が悪くなってしまう可能性があります。一度ついたマイナスな第一印象を変えるのは難しいので注意が必要です。そして2つ目は、打ち明ける内容は適度にネガティブなものにする事です。相手にとって受け止めきれない支えきれないほどのネガティブな内容だと、男性は貴方を守りきれないと感じ距離を取ってしまう可能性があります。上記の2点に注意して自己開示をする事で好きな相手との距離をもっと縮める事が可能です。