» 
 » 
スリルや不安が恋を芽生えさせる

吊り橋効果を活かして緊張のドキドキを恋のドキドキへと変えよう

人間には、不安や緊張で心拍数が上昇した時に異性と一緒に居ると、それが恋によるものだと錯覚する事があります。これを吊り橋効果と言います。例えば、肝試しやお化け屋敷などに異性と一緒に行くとホラーの恐怖やスリルを共感する事になります。そして、何とも思っていなかった異性のはずなのに、隣にいるとかっこ良く見えたりする事があります。人間は恐怖を味わっている時は心拍数が高くなりドキドキします。これを恋と勘違いしてしまうからです。ゲレンデマジックという言葉を聞いたことありませんか?スキー場は普段の生活とは違う空間です。高い所にいる恐怖感も生まれます。そんな中でスノーボードをするのですから、心拍数は上がります。その時に人間の脳は恋愛のドキドキと運動のドキドキを区別する事ができなくなり恋だと勘違いします。

スポーツで心拍数が上昇すると吊り橋効果のチャンス!

吊り橋効果は、心拍数を上昇させることで恋をしていると思ってもらうことが重要なので、非日常的な体験やスポーツを一緒にする事が必要になります。恋愛に応用する際のお勧めは映画観やお化け屋敷です。映画観では恋愛映画よりもホラー映画やアクションなどのドキドキの強いものをチョイスするのが効果的です。また、グループで意中の相手とのデートなどの際には、遊園地のジェットコースターや高層ビルなどの展望台がお勧めです。2人のデートの際には、高層ビルのレストランなどもお勧めです。高層にいるドキドキから吊り橋効果も期待できますが、おいしい食事は相手の心を開くときに有効になりますので、アプローチがしやすくなります。アルコールにも同じような効果がありますので、高層ビルでアルコールを飲みながらお食事をすると相乗効果が高まります。

恋の魔法は長続きしない…ドキドキはあくまでもきっかけ作り

吊り橋効果は恋愛においても絶大な効果がありますが、脳が恋愛のドキドキと恐怖やスリルからのドキドキを勘違いしているだけにすぎませんのであくまでもきっかけを作ることしかできません。長期的に相手にドキドキを感じさせるのは難しいです。きっかけを作った後に恋を発展させるには努力が必要です。まずは、好きになった相手の苦手なことを調べ、一緒にスリルなどのドキドキ感を体験する事で相手にドキドキを感じてもらえます。その後は、自分の魅力をアピールし好きになってもらう事が必要になりますので、好きな相手の好みを調べたり、楽しい時間を共有する事で、恋愛に発展していきます。そして、せっかく作ったきっかけを無駄にしないように普段から自分を磨く事が何よりも大切です。