» 
 » 
仕事が生きがいだ!!

キャリアウーマンほどやらみその傾向が?仕事に邁進し過ぎかな…

昨今は昔と違い女性も働いている方が多いです。そして、結婚の平均年齢も上がりつつあります。毎日終電まで働き、週末も仕事、男性よりも仕事の優先順位が高くなりプライベートも仕事に費やす傾向があります。やらみそという言葉をご存知ですか?やらみそとは、実家暮らしや働いていても休日は家にいる事が多い為に、30歳を過ぎてもセックスの経験がない女性の事を言いますが、そういう女性のほとんどが、勉学に励み、一流企業に勤めるというハイステータスな女性が多いので注意が必要です。キャリアを積む事は、生き甲斐になり、収入にも反映してくる可能性が高いですが、男性に目がいかなくなりますので、年齢を重ねている間に周りは結婚、出産をしているという現実が訪れますので、仕事をしながら異性にも意識を向ける事も必要です。

頑張ってキャリアを築いたけどお一人様…どうして?

人間には、「認められたい」という承認欲求が備わっていますので、キャリアを積み、課題を達成し、社会的に認められる快感や職場での責任から仕事に邁進してしまう事が多いです。自己実現の為に仕事に邁進する事は悪い事では無いのですが、仕事ばかりに意識が行き、せっかくの出会いを逃している可能性がありますので注意が必要です。男性は、女性が思っている以上にナイーブで繊細です。いくら好みで魅力的な女性に出会っても自分に興味を持ってもらえていない事がわかると、アピールをやめてしまう傾向があります。仕事をして自分の道を貫いている女性は男性にとっても輝いて見える可能性が高いので、仕事をしながら男性にも意識を向けると出会いの可能性は格段に上がります。

女性は35歳を一つの節目として考えよう!適齢期を逃すな!

女性の賞味期限を聞いた事はありますか?若い間は、若いという特権で男性にも魅力的に映り、モテる可能性が高いです。しかし、35歳を過ぎると男性からは若い時のように相手をされることが少なくなります。35歳を過ぎると結婚を意識しなければ行けないというプレッシャーを男性に与えてしまい、男性側もお付き合いするまでに躊躇します。また、女性は年を重ねると出産適齢期がある為に、妊娠の可能性が減るというふうに言われていますので、早い段階で理想の男性を見つけ、結婚、妊娠をする事で、将来の出産の不安を減らす事ができます。35歳を過ぎると年齢をカバーするだけの努力が必要になります。女性が何もせずとも若さだけで輝ける時間は限られていますので、いつ出会いがあっても良いように普段から男性にアンテナを張っておく事が必要です。