» 
 » 
会話のリアクションが薄い

相槌を打つ、目線を合わせる。会話の仕方でモテ度が決まる

対話は人間関係の基本、上手に会話を盛り上げられないと好きな男性との仲が進展しない可能性が高いです。モテる女性は、会話が上手という共通点があります。そして、モテない女性は会話をするのが下手な場合が多いので、会話を改善すると格段にモテるようになります。しかし、いきなり会話の為にネタを練ったりする必要はありません。コツとしては相手の話を聞く事が一番のポイントです。会話の主役を相手にし、相槌をし、目線を向ける事です。会話をする際の基本として聞いた事があるかも知れませんが、意外とできていない方が多数です。人間は自分の話をしている時に、嬉しい気持ちになります。しかし、この嬉しい気持ちは聞いてもらっているのがわかるからこそ感じる気持ちなので、聞く側が適当に聞いていたり相槌をしていないと話したくなくなります。

ただ相槌を打てばいいわけではない!さしすせそを意識

せっかく好意を持った男性とお食事に行く事になった時などに、緊張や男性と会話することに慣れていない為に、話題が広がらない事がありますよね?自分は話題の広げ方が分からないから広げられない理由なのですが、男性からはつまらなさそうに見えている可能性がありますので注意が必要です。そんな時には、「さしすせそ」を意識すると会話を広げるきっかけを作る事ができます。男性はプライドが高い生き物ですので、褒められることに喜びを感じます。「さすが、知らなかったぁ、すごい、センスがいいですね、そうなんですね」を意識して相槌をすると会話を続ける事ができる可能性が高まります。相槌によって相手が話してくれるようになると緊張も解けてきますので、相手の好きな事を知ろうとし、会話をすると格段に話題が広がって行きます。

会話の基本はキャッチボール!話題をつなげていこう

会話のポイントを聞く事ができるようになったら、次は相手の話題から伝えたいこと、次のネタを連想することを心がけると会話力が更に上がります。会話のキャッチボールは野球のキャッチボールと同様で、片方だけが投げっぱなしでは相手は疲れてしまいます。また、とんでもない方向にボールを投げても相手はキャッチする事ができません。相手から話題を振られた時は、相手の話を聞きながら、相手からの話を広げる事ができるようになる事で会話力が抜群に上がります。会話を広げるのは実は何よりも難しい事ですので、普段から意識していると改善していきます。バラエティーの司会者が大変上手なので参考になります。また、人間は好きな事を話している時は笑顔になり、もっと話したいと思います。趣味や特技などを相手に話してもらえるように持って行く事で、相手からの好感も高まります。