» 
 » 
二次元に恋しちゃっている

オタク=モテないという認識はもう古い!モテるオタ女子!

昔はオタクと言うだけで偏見を持つ方が多い時代でしたが、昨今は、秋葉原のメイド喫茶が流行ったり、アニメにはまり、アニソンのライブに行くなどと、オタクといってもジャンル、ハマり具合によって、モテるモテないが大きく分かれるようになりました。オタク=喪女(2チャンネルの用語でモテない女性の事)のイメージが無くなりつつあります。モテるオタク女子の特徴は、清潔感がある事が第一です。そして、男性にとってのオタク女子は、彼氏に依存をしないので、束縛が激しく無く、二次元に恋をして来ましたので、三次元の男性に慣れていない為に、純粋に映ります。本当はアニメが好きで好きでたまらないのに、男性の前では「嫌われるかも」との不安から控えめに接する場合が多い為に、けなげな女性に思われる可能性が高いです。

ジャンルによっては男性に敬遠されるオタクもいる

オタク女子は、オタク女子を隠すことなく「自分はオタクです」と伝える事で、男性からは、純粋な女性に映るので、本人が思っている以上にモテる傾向があります。しかし、アニメやゲームを嗜む程度なら問題ありませんが、BL、声優、ジャニーズオタクだと男性から敬遠される可能性がありますので注意が必要です。男性にも趣味がありますので、ある程度のオタクには、好きになれる事がある事に共感ができますが、度を超えすぎると理解ができずに「怖い」という印象を持たれてしまう可能性があります。特に、腐女子(男性同士の恋愛についての漫画や小説を好む女子)には、男性も理解し難いようです。男性とお付き合いする為に脱オタをする必要はありませんが、男性に引かれないように気を付けることで男性との出会いが格段に高まります。

恋人選びの基準はオタク趣味を理解してくれるかどうか

オタク女子は、三次元での恋愛経験が無いことで純粋に映り男性にモテますが、お付き合いを考えた時は、相手が非オタクの男性よりも自分と同じ趣味の男性のほうがカップルになれる確率は高いです。しかし、どうしてもオタクというイメージが世間一般でついてしまっていますので、オタク女子はなかなか自分がオタクである事を言う事が難しい現実がありますが、同じオタク男子には伝えやすいです。人間には承認欲求がありますので、「わかってもらえた」「認めてもらえてる」と思うと一気に距離が近づきます。また、オタク男子とお付き合いする方が、カラオケに行った際も、堂々とアニメソングを歌う事ができるので気を使わずに一緒に楽しむ事ができます。また、お互いにアニメや漫画の知らない事を教え合うこともできますので、楽しみが倍増します。趣味が一緒ということは長い目で結婚を考えた時に大変有効で、別れの可能性も低くなります。