» 
 » 
言葉遣いがお下品

品性がある女性かどうかは男性から見てとても大きなポイント

せっかく好みの男性に出会っても言葉遣いに品がない女性では、恋愛対象に思ってもらえる可能性は皆無です。そして、言葉遣いが悪いと品性まで疑われる可能性があります。人間関係において初対面の第一印象で言葉遣いが悪いと悪い印象がついてしまいます。恋愛においても同様の事が起こり、一度悪い第一印象がついてしまうとそこから恋愛対象に見てもらうためには、相当の努力と根気と時間が必要です。女性同士が集まると女子会などで日頃の鬱憤を晴らす機会が多いですが、意外と男性は、女性同士の会話を聞いていますので、いくら男性の前で言葉遣いを良くしても、女性同士の会話で言葉遣いが悪いと魅力が無くなってしまいますので、どんな時も言葉遣いには、注意が必要です。そして、言葉遣いが悪い事によってせっかくの出会いのチャンスを逃してしまいます。

言葉遣い大丈夫ですか?品性のある会話を心がけよう

男性は言葉遣いの悪い女性に魅力を感じることは皆無です。特に印象が悪い言葉は「うざい、きもい、マジ」です。このような言葉を遣う事によって言葉遣いの悪い女性に思われるのと同時に言葉を知らない女性だと感じ、男性にとって知的な女性には映りません。格式のある家にはそれなりの身なりと言葉遣いと所作が必要なのでお育ちの良いお嬢様はモテる方が多いです。男性は本能的に家庭的な女性を求めていますので、言葉遣いに気をつける事で男性と知り合い結婚できる可能性が高まります。言葉遣いを直す為の方法としては、まずは「お」を付けることです。「お米、お皿、お菓子」などと「お」を付けることで、言葉遣いが良い印象になります。また、「敷居が高い」は最近では「高級な身の丈に合っていない所」という表現で使われていますが、本来は「その方の家に行きにくくなる」という意味です。日本語の誤用にも注意が必要です。

30代では年齢に見合った上品で知的な言葉遣いが求められる

男性が好感を持ってくれていても、女性の言葉遣いが悪い面を知ってしまうと一気に冷める可能性が高いです。そのくらいに男性にとって言葉遣いは重要です。10代20代の間は、「若いからしょうがない」と思ってもらえる事もありますが、30歳を超えてくると、周りからはしっかりした大人と思われますので、年齢に見合った言葉遣いができていないと人間性自体に悪い印象をもたれる可能性が高いです。今まで無意識に言葉遣いが悪い方は客観的に自分の言葉を意識し、言葉を発する前に一旦頭で考え発する事で気をつける事ができます。そして、汚い言葉が一番出やすいのは、感情的になった時なので、そんな時こそ注意が必要です。年齢に見合った上品な美しい言葉遣いを心がけるだけで印象はぐっと良くなり、好意を持った男性とお付き合いできる確率が高まります。