» 
 » 
駆け引きの加減が分かっていない

テクニックはさじ加減が重要!行き過ぎた駆け引きは身を滅ぼす

恋愛者初心者のやりがちなミスがあります。駆け引きは上手く使えれば恋を盛り上げることができますが、失敗するとそのまま失恋する危険もありますので、駆け引きをする時はさじ加減が必要になります。例えば、好きな相手のとのメールのやり取りで、「メールするのはいつも私の方。なんで私ばかりなの。相手に愛されてないのかも知れない」と思い、連絡するのをやめたりした事はありませんか?連絡をするのをやめた事で、相手が貴方の大切さに気づいて連絡をくれるようになったら駆け引きは成功ですが、連絡をするのをやめた期間を長過くしすぎてしまうと、相手からの連絡を待っている間に相手に好きな人ができてしまうという可能性もあります。駆け引きをする時は、駆け引きをする事でのメリットとデメリットを攻略する事で後悔ない選択ができるようになります。

こんなはずじゃなかった…テクニックを使うと失敗する

男性は自分の目標だったり一つの事に集中すると他の事がおろそかになる部分があります。相手の状況をできる限り把握し、相手は本当に仕事で忙しいのか、気持ちが離れてきているのかを知る事で、駆け引きの使い方も変わってきます。男性側からすると仕事で忙しいので連絡ができないだけなのに、連絡が来ない事から愛されていないのかもと感じ、他の男性の存在をちらつかせる事で嫉妬させようという駆け引きは悪くは無いのですが、男性の気持ちを振り回す事になってしまう可能性があります。男性にはプライドがありますので、気持ちを試される事には嫌悪感を抱き、「浮気する女性だ。裏切られた。」と貴方が相手の気持ちを振り向かせる為にした事がマイナスにとらえられてしまう事があります。特に、相手の気持ちを試すような駆け引きは男性から嫌われる要因となる事があります。

慣れない駆け引きをするより素直な気持ちでぶつかろう

恋愛をする中で、駆け引きをする事は悪い事ではありませんが、駆け引きをしすぎるあまり、自分の本当の気持ちを無視して行動するのはお勧めしません。相手に振り向いてもらおうと相手中心の生活にし、家に行って料理を作ったり、会いたいと言われた時は他の予定をキャンセルして出向いたり、相手から連絡がない時は寂しさを自分で抱え込んだりと最初のうちは相手の為にとしていた事が、無理をしているので貴方にも疲れが出てしまい、好きな人といることが苦痛になっていってしまいます。また、引く事をせずに押し過ぎてしまうのは相手にも重たいと感じさせてしまう可能性もありますので、押して引く事を意識すると相手との距離感も保てます。適度な駆け引きは良いのですが、駆け引きを駆使するよりも正直に自分の気持ちを伝えたほうが恋が成就する確率は高いです。